頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法について伝授しますのでしっかりチェックしてくださいね。
MENU

頻尿とがんは関係があるのか?

頻尿の要因は多種多様ですが、
それが疾患によるものならば、早急に治すべきです。

 

「頻尿ぐらいなら……」と油断していけません。
実は「癌」に陥っている可能性もあるのです。

 

頻尿の原因になる尿管癌

尿管癌は頻尿の要因の1つです。

 

排尿器官をカバーしている移行上皮(尿路上皮)という粘膜に癌ができます。

 

膀胱癌などに比べれば、かなり起きにくいタイプの癌ではありますが、
50〜70代程度の男性に起きやすく、発症者も女性の数倍存在します。

 

そして、尿管癌の要因は残念ながらまだ明らかになっていません。

 

しかし、癌を招きやすいタバコを吸う習慣などが、
やはり少なからず尿管癌の原因にもなっているのではないかと見られています。
また、泌尿器系統への薬物治療を長い間行えば、それも関わってくると言われています。

 

そして、尿管癌に見舞われると、明らかな血尿が出ます。
膀胱炎の場合は、強烈な残尿感があったり、痛みと共に血尿が出たりしますが、
尿管癌の際は、痛みも無くいきなり血尿が出る事が多いようです。

 

また、尿管が血や癌で閉塞したり、癌が周りに拡散した際などは、
周囲の背中、わき腹、腰などが痛くなる場合があります。

 

尿管癌そのものが頻尿の要因になる事はあまりありませんが、
癌が転移して膀胱がんなどに見舞われるようになると、
残尿感、痛み、頻尿などに襲われるようになります。

 

膀胱癌にも気を付けましょう

膀胱癌も頻尿の要因の1つです。

 

40代以上の男性に良く見受けられ、0.01%ほどの確率でかかります。
初期は「痛みの付随しない血尿」などの症状がメインですが、
生じた部位によっては、残尿感や頻尿等の膀胱炎に近い症状に襲われる事もあります。

 

さらに、尿管が詰まって腎臓の機能が衰える場合もあり、
排泄関連がおかしくなったり、色々な場所が痛くなったりする恐れがあります。

 

早めに見つけて早めに治しましょう!

何にせよ癌である以上、身体中に転移する危険性があります。
早めに見つければ治す事もできますから、心配な症状があれば、
早めに病院に行くようにしましょう。

 

そしてやはり、健康なのに血尿が出るという事はあまりありません。
「痛みは感じないし、放っておけば治るかも」などと油断していると、
病気が悪化してしまう場合があります。

 

ですから、血尿は異常の兆候として考えましょう。
中折れ 対策

このページの先頭へ