頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法について伝授しますのでしっかりチェックしてくださいね。
MENU

頻尿で困ったことは何?

頻尿経験者の声を紹介していきます。具体的なイメージを掴んでみて下さい。

 

たくさん尿が出て喉が渇く

トイレに何回も行く事になり、そのたびたくさんの尿が出るという方が多いようです。

 

すると、たくさんの水分が消えるわけですから、喉が渇きます。
それで水を飲んで、また頻尿を酷くするという負のスパイラルに。

 

原因としては、糖尿病や水分代謝の乱れなどがあります。
速やかに病院に出向きましょう。

 

睡眠不足になり日常生活に支障が出る

強い残尿感に襲われ、何回もトイレに行くという方もたくさんいます。

 

排尿を終えても、スッキリしませんから、
昼夜問わずおしっこの事を気にする事になってしまいます。

 

残尿感の強さの割に尿の量が少ないと、さらにトイレの事が気になります。
集中力が衰えますし、トイレに行けない状況になるだけで
気持ちが落ち着かなくなる場合もあります。

 

また、何度も起きて睡眠不足になり、昼間にイライラや疲れが残りがちになります。

 

膀胱炎が原因で痛みや高熱に襲われる事も

頻尿の要因が膀胱炎であるケースでは、排尿痛が伴う場合もあります。
さらに、高熱に見舞われる事も珍しくありません。

 

ストレスなどの影響で自律神経がおかしくなっていると、
膀胱炎に陥りやすくなりますから、
頻尿になった際に別の症状もあるならば、医者に診てもらいましょう。

 

膀胱炎は再発しやすいですから、生活習慣を見直す事も必要です。

 

プレッシャーがある

頻尿が原因でメンタル的なプレッシャーがかかる事も珍しくありません。
仕事中などは、そう簡単にトイレに向かえない場合もあります。

 

その際は、尿意だけに留まらずストレスにも襲われる事になりますから、
休憩の度にトイレに行くようにしたり、
安全のために尿漏れパッドを身に付けたりしている方もたくさんいるようです。

 

仕事をサボっていると勘違いされた

頻尿は周りに打ち明けにくいものです。頻尿のせいで何回もトイレに向かっていて、
「ちゃんと仕事しなさい」と上司に釘を刺された事がある方もいます。

 

この際に頻尿の事を伝えられれば何とかなったのかもしれないというのに、
怖いのと恥ずかしいのとで言い出せず、
仕事の最中のストレスと尿意が、さらに酷くなってしまったという方も。

 

尿漏れはやはり恥ずかしい

強い残尿感が伴う頻尿では、尿の切れが悪くなる場合もあります。
こうなると「尿漏れ」が発生しやすくなります。

 

失禁とは異なりますが、排尿が済んだと感じて下着を履いたら、
その後でチョロッと漏れてきて、下着が濡れてしまうのです。
非常に恥ずかしく悲しい気分になるそうです。

 

外から分かりづらければまだ救われますが、灰色のズボンなどを履いていると、
尿漏れに気付かれやすいですし、臭いの問題も圧し掛かってきます。
「1回体験すると一気に自信を失い心配になる」という声をたくさん耳にしました。
女の子 欲しい

このページの先頭へ