頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法について伝授しますのでしっかりチェックしてくださいね。
MENU

病院での頻尿治療はどうなっているのか?

一般的に、夜中のトイレで悩んでいる場合は「夜間頻尿」
また、昼間のトイレで困っている場合を「昼間頻尿」と言います。

 

そして、頻尿に関する医療機関での検査後は治療を行う事になります。
ここでは具体的な治療内容についてお話します。

 

検査結果で治療内容も変わる

前提として、検査結果で治療の中身も変わります。

 

頻尿の要因は色々ありますから、単に「頻尿で困っている」などと伝えても、
的確な治療手段を導き出せるわけではないのです。

 

まずは問診、血液検査、尿検査、残尿検査などを行い、
残尿の要因を明らかにして、そこから治療手段を決めます。

 

ですから、全員に共通するような治療手段はありませんし、
色々な治療手段を組み合わせるような事も多いです。

 

骨盤底筋のトレーニング

過活動膀胱や腹圧性尿失禁などで頻尿になっているのであれば、
排尿に関連している骨盤底筋が衰えている可能性が高いです。

 

その際は、治療目的で骨盤底筋のトレーニングの指導が成される事が多いです。

 

一般的な頻尿治療のイメージからは離れるかもしれませんが、
トレーニングや軽度の運動によって、症状を軽減させる事が可能であり、
手術や薬品に頼らずに解消していけるため安全です。

 

継続していけば、大抵の場合は実際に軽減されていきます。
また女性の頻尿や、老化が原因の頻尿の際は、別の治療と組み合わせる事が良くあります。

 

薬物療法

飲み薬によって治療する手法です。

 

前立腺肥大が要因ならば、ユリーフやハルナールなどのαブロッカー、
またはプロスタールやパーセリンなどの抗男性ホルモン薬品を用います。

 

αブロッカーには交感神経をコントロールして、
排尿トラブルを軽減させる効果があります。
そして、抗男性ホルモン薬品には、前立腺の異常発達をブロックする作用があります。

 

また、神経因性膀胱、過活動膀胱などには、
ウリトス、ポラキス、ベシケア、デトルシトールなどが有効です。

 

さらに、抗コリン薬品などが用いられるケースも増加しています。

 

そして、過活動膀胱や前立腺肥大の際は、
尿道を拡げる効果のある薬品を使う事が多いです。

 

手術療法

多くはありませんが、手術で治す事もあります。

 

腹圧性尿失禁等では、尿道の裏に人口のテープを入れて、尿道を支える、
という手術が成される場合があります。

 

そして、TOT手術やTVT手術などと言われる手術ですが、
局所麻酔をして肌を切り開くものであり、尿漏れを治す手術です。

 

頻尿治療では満足度が重要

尿漏れや頻尿を治す際には、決まった目標を持つ事が困難です。
極論ですが、おしっこが全く出なくなっては当然困ります。

 

また、老化の度合いによっては、
100%若い頃の状態にまで回復させる事が困難なケースもよくあります。

 

ですから「本人の満足度」を治療の基準とするべきなのです。
「膀胱に○○治療をするまで〜」などではなく、
例えば「日常生活で困らないように」などを、目標にしましょう。

 

つまり、治療の前に患者側が、ある程度基準を決めておく事も重要だという事ですね。
デリケートゾーン におい

このページの先頭へ