頻尿の改善方法について伝授します

頻尿の改善方法について伝授しますのでしっかりチェックしてくださいね。
MENU

頻尿の改善方法について

自分では日頃あまり気がつかないが、頻尿という人は少なくないようです。
通常起きている時には1日にトイレへ行く回数は7回前後と言われますし、
夜寝てからはトイレに起きることはありません。
したがって起きている時に1日に7回以上トイレへ行く、
あるいは夜寝ている時に尿意を感じてトイレへ行くというのは頻尿と言えるでしょう。
個人差はありますが、頻尿の原因と改善対策を見ることにします。

 

■利尿作用がある飲み物を摂取し過ぎる
頻尿の原因には利尿作用がある飲み物を飲み過ぎていることがあります。
例えばコーヒーですが、コーヒーにはカフェインが含まれていて、
カフェインは膀胱を刺激する作用があります。

 

また、ビールなどのアルコールは抗利尿ホルモンの分泌を低下させます。
抗利尿ホルモンが少ないと尿を抑える力が弱くなるためトイレに行く回数が増えます。
さらに果汁100%のジュースや酸味が強いジュースも膀胱を刺激して頻尿になります。

 

■体質が冷え性だと汗をかかないので頻尿になる
冷え性の人はあまり汗をかきませんが、体内の不要な水分が汗で排出されないため、
尿で排出されますから、頻尿になりますが、この傾向は夏よりも冬に多くなります。

 

■加齢での頻尿は致し方がない
年齢が高くなるにつれて、抗利尿ホルモンの量が減るため、頻尿になりますし、
骨盤の筋肉が低下して尿を我慢する力が弱りまるので頻尿になるのは致し方ありません。

 

■緊張すると神経性頻尿になる
不思議な人体構造と言えますが、人は緊張すると膀胱が刺激されます。
スピーチの前などで緊張するとトイレに行く回数が増えますし、
不安や心配ごとがあると膀胱が刺激され頻尿になり、これは一過性の神経性頻尿です。

 

■諸々の病気が原因での頻尿には要注意
頻尿の原因になる病気には前立腺肥大をはじめ、膀胱炎などの病気が考えられます。
以上の原因でない頻尿の場合は病院で診察を受けることをおすすめします。
たとえば自律神経失調や高血圧、心臓病なども考えられますから、
病気が原因の頻尿には注意しなければなりません。

 

頻尿はどのくらいの回数から?

「頻尿」への心当たりがある方もいるかもしれませんが、
具体的に「1日○回以上で頻尿」というような基準はあるのでしょうか?

 

頻尿に該当する状況

実は、頻尿に関する決まった基準はありません。
尿の量やトイレに向かう回数には各々で差異があるわけですし、
トイレに行きやすいシチュエーションもあれば、そうでないシチュエーションもあるからです。

 

そもそも頻尿は「疾患」というよりも「状態」の事を言うものですから、
「○回以上」などと決まった定義をする事は不可能なのです。
とにかく、尿意に頻繁に襲われる状態の事を指すのです。

 

ただ、一応「1日の平均排尿回数は7〜8回程度」というデータはあります。
毎日そこからかけ離れた回数、トイレに行っているのであれば頻尿と捉えるべきでしょう。

 

慌てず冷静に判断しましょう

しかし、おしっこの回数に関しては各々で差異が大きいものです。

 

生活習慣や食事、天候、季節なども多大に関わってくるわけですから、
回数が多いからと言って、必ずしも心配する事はありません。

 

1日だけ妙に回数が増える場合もありますし、
連日でも10回程度まではそこまで気にする事はないのです。

 

つまり「数字」によって頻尿について考察するのは無理があるという事ですね。

 

生活への影響に重点を置きましょう

トイレの回数が多くても問題のない場合もありますが、
寝ている最中や仕事の最中にトイレに行きたくなれば、
当然、睡眠や仕事の効率が低下してしまいます。

 

ですから、やはり頻尿対策は重要なのです。

 

おしっこの回数自体よりも、
「おしっこに行きたくなる事によって困っているのか」という事を考察してみて下さい。

 

考えてみて問題が無いのであれば、回数を減らす努力などはしなくても大丈夫です。

 

つまり生活に支障が出ない限りは、
無理に頻尿を解消したり治したりする必要は無いという事です。
回数にとらわれず、実際の影響から頻尿について考察するようにして下さい。
頻尿 改善 方法

このページの先頭へ